化学系知財部の進境

化学メーカーに就職したアラサー理系男子の成長記録。資格・研究・知財等の話を発信していきます。

【雑記】化学系メーカー研究職の嫁探し

f:id:chemical-IPD:20190421184922j:plain

 

社会人って、出会いがたくさんあると思っていませんか?

合コンとかたくさんあって、適当に過ごしてても彼女ぐらいできるだろーって思ってません??

 

甘いです!!

激甘です!!!

私も最初そう思っていましたが、現実はそんなに甘くありません。

放っておいても出会いがあるとか、モテるのは、首都圏の一流メーカーの人のみです。

中途半端なBtoB企業だったり、地方だったりすると、自分で積極的に動かないとニート並みの出会いの無さを発揮することこの上なしです。

 

そんな地方勢の化学メーカー研究職の人たちがどうやって結婚したのか、色々な話を参考にすると、「学生時代から付き合っている人と結婚する」ことが最も多く、最上であると結論づけられます。

なぜなら、相手の素性もわかっているし、価値観も合うケースが多いためです。

 

社会人になって、合コンしたり、街コン行ったりすると、「意外と価値観の合う人って少ないんだな」ということに気づかされます。

よくよく考えると、高校や大学の時に出会った女性に対して、価値観が違うなーと感じる事は少なったように思います。

当たりまえですよね?

高校や大学は、言ってしまえば自分と同じレベルの人が集まっている場所なんですから('ω')ノ

 

一方、合コンや街コンでは、今まで全く関係しなかった人種と出会うことになります。

地方だろうが何だろうがかわいい人は結構いますが、皆価値観の合わなさに困っている人が多いです。

そういった価値観の異なる方々と試しに付き合ってみたりするも、その価値観のギャップに耐え切れず、結婚には至らないというケースを死ぬほど見てきました。。。

なので、学生の時の彼女は大事にした方がいいですよ!!

 

また、大学時代に付き合う人と、社会人になってから付き合う人では、付き合う際の判断基準も大きく異なります。

大学では、基本的に同じステージに立っているため、見た目+性格で付き合うことが多いはずです。

一方、社会人になると、どうしてもそこに「ステータス」が加わってしまいます。

これは仕方のない事なのですが、こういった基準が一つ増えるだけで判断が非常に難解になり、目も曇りがちになります。

 

社会人になって更にいい人と出会えている人の方が少数派であることを強く認識しましょう('◇')ゞ

 

注意しなければいけないのは、学生時代からお付き合いを続けていたとしても、社会人になって別れてしまうケースもまた非常に多い事です。

すれ違いが多くなったり、遠距離になったり、と疎遠になる理由も星の数ほどあります。

これは非常にもったいないです!

周りの人はみんな別れた事を後悔しています!笑

なので、是非とも社会人になるまでに嫁候補を大学関係で捕まえておくことをおススメします!!

性格的にあまり遊んだりできないタイプの人は、とっとと結婚してしまう方がいいかもしれませんね(^o^)/

 

さてさて、他のパターンで次におススメなのが、意外と「同じ社内の人と結婚する」だと思います。

これは会社に依るかなーとも思いますが、同じ社内の人と結婚すると勤務地も考慮してくれたりもしますし、何よりも生活リズムが合うことが非常にメリットとなります。

共働きの家庭では、当然勤務地や勤務体系が異なるため、どうしても片方の条件に寄りがちです。

仕方のない事ですが、だいたい奥さん側の職場の近くに住むケースが多いと聞きます。

旦那さん側の福利厚生で好きに居住地を選択できればいいのですが、社宅の場所が決まってしまっている場合、何かと苦労します。

ですので、同じ職場内も意外と悪くないんだなーと、色んな人を見てきて改めて思いますね。

勿論、同じ職場内で付き合うとイジられまくるし、別れたりしたらもう最悪なのは言うまでも無いので、諸刃の剣でもありますが・・・('Д')

 

あとは、もうアプリか、合コンか、紹介か、で出会う人が多いですね('ω')ノ

実際のところは合コンとかで出会って結婚する人が一番多いのではないでしょうか!

勿論、これも全然問題ありません。

自分から積極的に動ける人はこのやり方が一番選べるような気もするので、行動力次第では最良にもなり得ます。

但し、基本ケチで面倒くさがり屋の私に合コンや街コンは激しく向いていませんでした。。。('Д')

金をドブに捨てた記憶しかなく、全然いい思い出ねぇっすわ( ;∀;)

アプリとかは特にお金ありきな気がするので、ちょっと遊びで・・・ぐらいの気持ちで挑むのがちょうどいいでしょう。

とにかく、この出会い方は数を打つしかないので、色々挑戦してみて下さい!

成果は出なくても、後からいいネタになります。笑

 

 

私は結局学生時代から付き合っていた人と結婚し、何とかやっています。

出来れば転勤に対応可能な薬剤師の嫁を見つけたい!という希望もありましたが、まぁそんな都合よくはいきませんでしたね。笑

どこにいるんだろ、薬剤師の子。。。笑

 

研究職を目指す人は是非参考にして下さい!

何事も計画的に行動していきましょう('◇')ゞ

 

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

また宜しくお願いします!

 

お問い合わせはコチラ↓↓↓

お問い合わせ先 - 化学系知財部の進境